看板偏差値7秒集客のルール〜
看板偏差値〜7秒集客のルール〜

■その他
税込価格 : 1,620円
著  者  : アイワ広告 社長 小山雅明
判  型  : 四六判 並製
ページ数 : 224頁
I S B N : 978-4-931562-38-7
発行年月 : 2014年4月


ご注文フォーム FAX注文シート 書店持込用シート

−目次−
第一章 看板偏差値法とは何か
★看板を見た通行人は7秒で客に変わる
★なぜ7秒で通行人が客になるのか?
★看板の「見え方・感じ方」を偏差値にする

第二章 通行人はこの3つのステップで客に変わる! ~3段階確率論~
★感性を科学した「3段階確率論」
1 通行人の目線に入り込む看板演出とは…発見確率を高める
2 一瞬で店の魅力を認知させる方法とは…魅力確率を高める
3 通行人の足を店内に誘導する動線作り…IN誘導確率を高める

第三章 繁盛店の看板
★繁盛店はなぜ看板で集客できるのか?
1 看板偏差値法でわかった「通行人が客になる」店の看板
2 移動中の通行人(車両)が看板を見つけて入店するかどうか決めるまで7秒間かかる
3 通行人は看板の内容を読み込むのではなく、パターン認識で理解する
4 通行人が知りたいのは「屋号」ではなく「何屋さん」かという業態である
★繁盛店作りの特効薬「野立て看板」その威力と効用
・野立て看板には2つの効果がある
メモリーインプット効果/衝動的な来店意欲を作り出す効果
【野立て看板でブランディング例】

第四章 ファン(ロイヤル顧客)の増やし方
★繁盛店を作るための前提=集客
・「インホームメディア」と「アウトオブホームメディア」
★ライバル店と競わない地域一番店作り
・初来店からファンにする「ショップアイデンティティのつくり方」
★色の看板心理学「目に飛び込んでくる色、遠ざかる色」
1 色の持つ意味
2 色の看板心理学「知らずに使う究極の後退色」

第五章 看板デザインの費用対効果

−本書の概要−

「集客装置としての看板は、通行人を7秒で店の客にする」
これは、著者が30年間に手がけた看板事例の中で発見した「集客看板」の法則です。
この法則に気づいて以来、
「人は、いかにして7秒で店の客になるのか?」
「7秒で人の心を動かす看板とはどういうものなのか?」
「そのような看板のデザイン・演出には客観的・科学的な法則があるのか?」
と、考察しつづけた結果、看板を見る通行人の心理と感性を数値化することによって、
看板の評価の標準化に成功し、「看板偏差値法」と名づけ学会にも発表しました。
また、そこから通行人の心理と感性を動かす理論にも考察が発展し「3段階確率論」に行きつきました。
このふたつの理論を使うと個人の主観や感覚が排除され、通行人目線の驚くほど集客数が向上する看板になります。
理論、法則などが多く見受けられるので勘違いされそうですが、この本には小難しい話はほとんどありません。
目で見て納得していただけるように、全部で30件を超える具体的で様々な業種の事例を掲載し、さらに、巻末には
集客看板の効果をもっともわかりやすく感じていただくために費用対効果も掲載しております。